語り部塾
特別対談 西谷 史 × 菊池 優

塾頭紹介語り部塾とはお問い合わせ

 
対談
「語り部塾」塾頭 菊池 優 「語り部塾」開塾記念豪華対談
対談1 「菊池式新人の見分け方は?」
作家/占い師 西谷 史
西谷 史 西谷 史(にしたに・あや)
1955年3月14日生まれ
作家/占い師

※別ウィンドウが出ます

菊池 優(きくち まさる)
1952年9月5日生まれ
作家代理人/フリーの編集者
詳しいプロフィール


西谷 ―   菊池さんは、編集者として、育てようと思う人は、どんな遠いところに住んでいても、追いかけていってフォローしますが、育てようとするか、どうかの違いはなんなのですか?
小説の問題なのか、人柄の問題なのか、個人的には、人柄の問題と思いますが……。

菊池 ―   質問にお応えする前に、編集者といっても私は出版社に勤めているわけではないので、そういう編集者の方たちとは意見が異なってくるかもしれませんので、あらかじめご了承ください。
新人については、一言で言いますと「思い込み」です。
ソフトづくりに関わっている人は、そういう人が多いような気がします。
具体的に言いますと、「こいつはモノになる」と思い込めるかどうかということですね。
もちろん、私自身のモノサシで測るわけですから、外れてしまうこともかなりありますが……。
そして、その判断基準の最たるものは「才能+人柄」だと思います。
もちろん、性格が悪くても素晴らしい才能をもっている人はいますが、私の性分からすると、そういう人とは長い付き合いができないような気がします。
私が若い頃には、「編集者というのは、作家に対してではなく、その作家の才能に頭を下げるんだ」と教えられたこともありますし、それを実践した時期もありました。
でも、いまの私はたんなる浪花節大好きオジサンですから、これからはそういう接し方はできないような気がします。

西谷 ―   いまの質問とは逆に、多少名前のある作家でも興味がないと、作品を読もうともしませんよね。
それについても教えてください。

菊池 ―   私が著名な作家の作品をあまり読まない大きな理由は、私の「目立ちたがり精神」だと思います。
これからデビューしようという人の作品には、相当大きな部分で自分が関われる可能性がありますよね。
それが、とっても楽しいんです。
つまり、基本的には、「育てる」とか「仕掛ける」とかいう類の仕事が好きなんだと思います。
新人と仕事をしていてデビューが決まると、デビュー作のあとがきに、私の名前を書いてくれることがあります。
目立ちたがりとしては、これがとっても魅力的なんです。
それと、今後、もし著名な作家を口説きに行くとしたら、その作家の再生が必要と感じ、しかも、私自身がその方法論を思いついたときだと思います。
これも、ひとつの仕掛けですよね。
Copyright © 2014 KATARIBEJUKU All Rights Reserved.