語り部塾
特別対談 西谷 史 × 菊池 優

塾頭紹介語り部塾とはお問い合わせ

 
対談
「語り部塾」塾頭 菊池 優 「語り部塾」開塾記念豪華対談
対談5 「新人作家に最も必要なものは?」
作家/占い師 西谷 史
西谷 史 西谷 史(にしたに・あや)
1955年3月14日生まれ
作家/占い師

※別ウィンドウが出ます

菊池 優(きくち まさる)
1952年9月5日生まれ
作家代理人/フリーの編集者
詳しいプロフィール


西谷 ―   おっしゃるとおりだと思います。ただ、そのことはあらかじめ生徒さんにおっしゃったほうが良いと思います。
そうでないと、「先生は、冷たい!」とかいわれるかもしれません。(笑)
実際はそういう教え方は、教えるほうも大変なのだということは、人を教えた経験がないとわからないかもしれません。

最後になりますが、新人作家を世に送り出すときに、最も注意をしていることを教えてください。

菊池 ―   いやあ、とっても難しい質問ですね。
いくつかあるとは思うんですが、最も大切なことをひとつ挙げるとすれば、「これだけは人に負けない、というジャンルをもってもらう」ということです。
なぜなら、プロの世界では「何でも屋」とか、「オールマイティ」とかいう肩書きは、決して武器にはならないと思うからです。
その考えに基づいて、新人がデビュー作を執筆する際には、私は「その路線で、最低3つ以上のネタを用意しておいてください」という話をよくします。
というのは、デビュー作を読んで仕事を依頼してくる編集者は、その作品と同じ匂いの作品が欲しいからですし、デビューから三作はできるだけ一括りにのできるような作品群にして、そこまでに名前を売ってしまうというのが、私の考え方だからです。
私は、基本的には書き手の書きたいものを書いてもらうという接し方をしますが、その作家の持ち味を決める長期的な視点での路線決定には、ついつい口出しをしてしまいますね。
根っからおせっかいなのかもしれませんね。(笑)

Copyright © 2014 KATARIBEJUKU All Rights Reserved.